ソラシェアダイレクト導入本契約までは2ヶ月必要

ソラシェアダイレクト導入本契約までは2ヶ月必要
ソラシェアダイレクトを導入される場合、ファーストコンタクトをいただいてから、導入の本契約まで2ヶ月ほどかかります。本契約をすると着工ということになりますが、それ以前に調査しなければならないことがあるからです。この記事では、その内容をお知らせします。

この記事の要点

  • 概算と綿密、2回試算や調査を行う
  • 既設マンションは入居者の同意が必要
  • 不動産オーナーの作業はほとんど発生しない

搭載可能なパネル枚数などを試算

お客様から導入の検討を申し入れされたのち、当社が現地調査や航空写真によるパネル枚数の試算を行います。この調査を行う際は、試算契約の締結を行った後となります。

ここでいう試算はパネルの枚数のみならず、近隣地日射量などを用いて(国立開発研究法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構、通称:NEDOなどの数値を使用)太陽光の想定日射量を試算します。

そこから航空写真で試算したパネルの枚数などと掛け合わせ、該当物件でどれだけ発電できるかのシミュレーションまでを行います。この時点で、効果が望めないお客様には、数字と合わせてその旨をお伝えし終了となりますが、試算にご納得いただけましたら、次の工程へ進みます。

現地本調査と入居者からの同意書

通常人が歩く想定ではない陸屋根の積載荷重は900N/㎡と定められていますが、ソラシェアダイレクトで搭載する設備は600N/㎡になるので、数値的には問題ありません。しかしながら、陸屋根の現況を確認することは安全な施工と、建物保全には非常に重要です。

さらに現地本調査では設置箇所の詳細を測定し、実際に航空写真を用いた試算通りの設置が可能かなどを調べます。この時点で相違が出る場合も逐一報告し進めて参ります。本契約前ですので、ここでの導入中止も可能です。

また、すでに入居者のいる既設のマンション/アパートでは、入居者からの同意取得が必要になります。説明会や同意書取り付けの時間のほうが、調査よりも時間を要することが普通で、ここまででおおよそ2ヶ月かかることになります。

いよいよ本契約〜着工

ここまで、本契約まで2ヶ月要する理由をご説明してきました。この間、書類の記入や調査の立ち会いなどをお願いいたしますが、それ以外の作業はほとんど発生しません。入居者の同意取り付けに関しても、当社担当が行います。
なお、本契約を締結後は、基本的に契約解除ができませんので、その点はご留意ください。

ソラシェアダイレクトの申込みから導入までのプロセス
SNSシェア
メールマガジン
登録

E-mail Magazine

メルマガ登録

新しく記事を掲載したときのお知らせや、セミナー情報などをお送りいたします。
ぜひご登録ください。

必須